hoge

【動画】聖歌「もろびとこぞりて」を日本語でクリスマス賛美!【歌詞】

クリスマスが茨城にもやってきた!


メリークリスマス!つくばキリストの愛教会です!

毎年この時期はほんとに幸せな気分が街に漂いますよね。もちろん教会もです!

今日は、教会の兄弟姉妹らで聖歌「もろびとこぞりて」の日本語バージョンソングをフルで賛美しました。

歌詞を味わいながら、この賛美を歌うと、本当にクリスマスの喜びを感じれて楽しくなりますね。

街もイルミネーションでいっぱいキレイで楽しいですが、やっぱりクリスマスは教会で過ごしたいものです。

ぜひ、皆さまもご自宅で、また最寄りの教会で、元気よくいっぱいクリスマスソング「もろびとこぞりて」を歌ってみませんか?。

もろびとこぞりて 日本語歌詞(ひらがな)

youtubeの動画内に歌詞もつけていますが、念のため以下にも、聖歌 もろびとこぞりての、日本語歌詞(ひらがな)を記載しておきますので、ご参考ください。

ちなみに「シュワキマセリ」は呪文ではなく、日本語で、長い間待っていた救い主、神さまが来たよー!という賛美歌(聖歌)としての意味があります(*^^*)!

もろびとこぞりて むかえまつれ
(諸人こぞりて 迎えまつれ)
ひさしくまちにし しゅはきませり
(久しく待ちにし 主は来ませり) 
しゅはきませり しゅはきませり
(主は来ませり) 

あくまのひとやを うちくだきて
(悪魔の人牢を 打ち砕きて)
とりこをはなつと しゅはきませり
(虜を放つと 主は来ませり)
しゅはきませり しゅはきませり

このよのやみじを てらしたもう
(この世の闇路を 照らしたもう)
たえなるひかりの しゅはきませり
(妙なる光の 主は来ませり)
しゅはきませり しゅはきませり

へいわのきみなる みこをむかえ
(平和の君なる 御子を迎え)
すくいのぬしとぞ ほめたたえよ
(救いの主とぞ 褒め称えよ)
ほめたたえよ ほめたたえよ

よくある質問

  • Q. もろびとこぞりては何を歌ってるの?

    A. そもそも「もろびとこぞりて」とは「すべての人が集まって」という意味です。すべての人が集まって何をするのでしょう。クリスマスディナーでしょうか?イベントでしょうか?。いえいえ、もちろんそうではありません。すべての人が集まって「神であるイエス・キリスト」が今まさにここに来るので、お迎えして聖歌で賛美しましょうというバリバリのキリスト教の賛美歌と言えます。また歌詞の中にある「久しく待ちにし 主はきませり」とは、長い間待ち望んでいた主イエス・キリストが来たよ!ということです。日本語版は、歌詞の中に古語が多く含まれているので、内容がよくわからないという方も多いようです。ぜひクリスマスの時期は、最寄りの教会に足を運んでみて、いっしょに意味を考えつつ歌ってみるのはいかがでしょうか?

  • Q. 「悪魔のひとや」ってなに?

    A.歌詞の中でよくわからないポイントのひとつでもある「悪魔のひとや」という部分があります。これはよく「一つの矢」としてとらえて、悪魔から打たれた矢を神さまが打ち砕いてくれるのだ!と考えがちなのですが、実はそうではありません。罪人を押しこめておく「牢屋」のことです。これはアダムとイブが出てくる創世記の原罪を抱えた人類のことを表しており、その牢屋を打ち砕くのがイエス・キリストということなんですね。そう考えると、その後の歌詞である「虜を放つと」の部分もわかってくるかなと思います。

つくばキリストの愛教会HPのトップページはこちら!

茨城県つくば市にお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいね!

オフィシャルサイトの日本語サイトはこちら↓。英語サイトもあります。
http://tsukuba-church.jp

いつでも教会は主にあってメリークリスマス!