本文へスキップ

つくばの楽しいイベント・遊ぶ・礼拝2017|茨城県つくば市の方、土浦市(土浦)の方、筑波大学&社会人の方だれでも大歓迎!

電話でのお問い合わせはTEL.029-828-8623
〒305-0035 茨城県つくば市松代2-14-7

茨城県の筑波教会の画像ページ

■2017年5月28日(日)~春のゴスペル大会(NEW!!)■

教会の兄弟姉妹たちで作るゴスペルコンサートが行われました。ブルックリンタバナクルの「I adore you」、韓国語の賛美「キリストの季節( 그리스도의 계절)」、中国語の賛美「主耶穌我愛你」、オリジナル賛美歌な多種多様なゴスペルを、老若男女、国籍を超えてみんなで歌いました。みんな美しく元気で楽しそうですね。ゴスペルは人を元気にします!。全ての栄光を主に帰します 。

■2017年5月07日(日)~トランポリン竣工式&テープカット(NEW!!)■

教会の屋上に子供向けのトランポリン施設ができました。日曜学校の礼拝後に、子供たちが体いっぱい動かして元気に育つようにとご提供いただきました。また子どもの安全のための木の柵のご提供もあり設置することができました。この日は竣工式が執り行われて、婦人部により豪華な食事も用意されて屋上で食事会が行われました。またテープカットも行われ、ハサミでリボンが切られ拍手と歓声が湧きました。子供たち1人1人の将来が希望で溢れたものとなるよう是非お祈りください!。

■2017年4月16日&23日(日)~イースター復活祝賀礼拝2017(NEW!!)■

2017年のイースター(復活祝賀礼拝)は福音書を元にしたミュージカルを行いました。演劇あり、ダンスあり、聖歌隊の合唱ありで盛りだくさん!。礼拝後は、色とりどりのイースターエッグも作って楽しみました。また翌主日には、公園でエッグレース(スプーンを使ったお玉リレーみたいなものです)&エッグハントも行いとても楽しい時間をすごしました。すべての恵みを与えてくださる、ご復活の主イエス様に今年も感謝しました。


■2017年3月12日(日)~カンポジア宣教旅行(NEW!!)■

春休みを利用して青年兄弟姉妹らが、カンポジア短期宣教旅行へ行きました。受け入れ先の教会の先生方、兄弟姉妹らに感謝です。麻薬センターでのリハビリ施設、水上生活をする人々、貧しい生活をしている街、アンコールワットがあるシェムリアップ、バンテアイミンチェイ州の都市シソポンのシソポン大学などにも行きました。また以前つくば教会で信仰生活をしていたカンポジア出身の兄弟にも久々に出会えて主の中で良い分かち合いもありました。日本のソーラン節も踊りました。

■2017年2月28日(日)冬のユースキャンプ(NEW!!)■

全国から若者たちが富士山の麓に集まりました。まだ山開きはしていないので登頂して来光を浴びたり、良い眺望の中で湧き水を飲んだりしたわけではないですが、毎年恒例の冬のバイブルキャンプに参加して真の光・真の湧き水とは何かを再確認しました。富士の万年雪が突然溶かされるように、こころの闇はキリストにあって溶かされることでしょう。みんなでメッセージや祈り、賛美・ゴスペルを捧げました。また特別に、聖書をもとにしたゲームや聖劇などもありました。つくば教会からはダンスチームが、特別にこの日のために一生懸命準備をして主に捧げました。みんな素晴らしい表現力でしたね。よい2泊3日でした。

■2017年2月21日,26日(日)バレンタインデイ出し物&創立8周年記念『長澤崇史リバイバルコンサート』(NEW!!)■

2月12日にはバレンタインデーが近いということもあって、プラネットシェイカーズの「Nothing Is Impossible」のメッセージとともに姉妹たちから本命チョコを超える、主の義と愛と平和に満ちたチョコレートが兄弟たちへ日頃の感謝を込めて送りました。リボンの結び方も美しく、ラッピングの包み方もかわいいですね。なお2月26日は、本教会の創立8周年礼拝がありました。これまで導いて下さった神様に感謝をして盛大にお祝いをしました。北海道札幌市にありますプロテスタント教会『カナンプレイズチャーチ』より長澤崇史先生をお招きし特別メッセージもしていただきました。力強いパワフルさで御言葉を宣言され、礼拝堂が恵みで満たされました。これからも主を愛し地域の皆様に愛される、地域に貢献していく教会として努めてまいります。お祈りのほどよろしくお願い申し上げます。

■2017年1月27日,29日(日)特別金曜礼拝&御言葉暗唱フェスティバル(NEW!!)■

この週の金曜徹夜祈り会は遠く韓国のプロテスタント教会よりイスング牧師先生をお招きし、特別集会の時間を持ちました。また日曜日には御言葉暗唱大会がありました。聖書の言葉は私たちを救い、励ましてくれます。現実的な期間を決めて少しづつ覚えることで、確実に御言葉力がアップします。ひっかけ無しのヤラセ無し!愛と右脳と霊性を働かせつつ、お題は聖書の御言葉をシンキングタイム無しの超高速早押しで、一般常識レベルからかなりの難問までが出題されました。完全な丸暗記での暗唱や三択問題、簡単な絵を書いてもらう問題もありました。賞品はご提供いただきました学園の森2丁目のコストコつくば倉庫店様の特上チーズケーキとヨーグルト、つくば市天久保(平砂宿舎・追越宿舎前)のハンアリ(つくば 韓国料理)様の商品券でした。聖書の言葉で満たされ、より深くイエス様の愛と救いについて知る時間となりました。

■2017年1月9日(月)高級リゾート「マウントジーンズ那須」新年文化探訪の巻(NEW!!)■

栃木県の最北東部、那須町(なすまち)の高級リゾート「マウントジーンズ那須」で日帰りスキーを楽しみました。シーズンを迎え、積雪も十分、雪質安定、標高1000m超え、最大斜度が30度近くの勾配を観光客らが大滑走!。ゲレンデ入り口には、高級素材として有名なアルパカが1頭ゲレンデにいました。レディースのセーターやマフラー、メンズのコート、ベスト、可愛いニットやポンチョ、カーディガンやストールの素材に良いらしいということです。「アルパカ牧場(那須ビッグファーム)」から出張してきたようです。午後には源泉「那須山(なすざん)」に入りました。絶景とまでは言えませんがやぐら付きの露天風呂から中庭の景色を見つつデッキで涼み、湯船の檜(ひのき)のぬくもりと色合い、上品さを味わい、お風呂上がりには「お菓子の城那須ハートランド」でお城に来たお姫様気分を満喫。交通の安全も主が守ってくださり無事帰宅の途につきました。レジャーを通して互いに交わりを深め、笑顔が絶えない暖かな団欒の時間となりました。

■2017年1月1日(日)「元旦祝賀礼拝」(NEW!!)■

『一年の計は元旦のキリストにあり!』今年もよろしくお願い申し上げます。1月1日から教会はオープンしています。寝正月にはならないから安心です。元旦祝賀礼拝は、シン二ェンクワィラーやセヘボンマニパドゥセヨなど年始の挨拶で溢れかえり、帯を締め、振り袖姿の姉妹たちの笑顔とともに、お雑煮のようなお餅スープを食べ、食後は恒例のアームレスリング大会がありました。最強の日本一のチャンピオンとなるわけではないですが、肩や腕や手首、二の腕や肘にピリピリと痛みを感じつつも、冷静な態度でフォームを作り、つり手(フック)で行くか、かみ手(トップロール)で行くかと頭のなかでバットの素振りの練習のようにシュミレーションしつつも、腕相撲はテクニックではないんだと言わんばかりに、兄弟姉妹の声援の中、主の愛をもって戦われました。その後は聖書かるた大会が行われました。プロの競技かるた(名人戦・クイーン戦)の大会を参考に「配置・並べ方」を平等にしました。読み札の最初の1文字を読み上げる(抑揚が大切です)と同時に、お手つきもせず、一足一刀の間合いで、事前に暗記した取り札の場所を見つめ、自分の真横へと取り札を取り払いました。

■12月29日(木)~12月31日(土)「元旦断食祈り会」「大掃除」「除夜礼拝」「カウントダウン」(NEW!!)■

2017年の教会主題聖句「主であるわたしがこれを語りこれを行う(エゼキエル36:36)」とともに、毎年恒例の断食祈祷会を行いました。静かに祈る人。熱く祈る人。1人でも祈り、お互いのためにも祈ります。断食で身も心も清めて、つくばで新しい年を迎えます。腰痛を招かないように適度にストレッチもしつつ座椅子やクッションに座り、下痢や頭痛、吐き気にならないよう気をつけて、4食(3日間)を抜いて聖書の言葉に集中をしました。また2015年公開の映画『祈りのちから(war room)』も見ました(祈りによる家族の回復の物語です、おすすめです)。断食後は回復食として、みかん・かぼちゃスープ・おかゆを食べてお腹の調子を整えました。その後大掃除がありました。ガスコンロ(五徳も)や換気扇の油汚れ、雑巾や新聞紙でのサッシ・網戸を含めた窓拭き、たまった水垢も落とし、大量のゴミは分別して捨てて断捨離をススメました。その後は除夜礼拝、カウントダウンと年末まで盛り沢山の内容でした。(年越しそばを食べたり初日の出を屋上で見た兄弟姉妹もいたようです。)

■12月23日(金)「つくばセンター聖歌隊賛美イベント」・12月25日(日)「クリスマス祝賀礼拝」(NEW!!)■

12月23日の午前中はつくばセンタービル内ショッピングモールのアイアイモールのセンター広場で行われたイベント「1本からのクリスマス」へ招待していただきました。私たちの聖歌隊は大トリを務め、「ジョイ・ハレルヤ」(ハレルヤコーラスとジョイ・トゥ・ザ・ワールドをMark Hayes氏がアレンジしたもの)などを主にクリスマス賛美歌を歌いました。また12月25日はクリスマス祝賀礼拝でした。2011年以来の日曜日がクリスマスの年です(ちなみに次は2022年12月25日が日曜日です)。この日は中学生・小学生・幼稚園生が行うキリスト降誕劇を行いました。みんな立体的な五角形の手作り星となって、演技派と評価されるような圧巻の実力で神様を讃えました。またリコーダーの演奏、クリスマスメドレーのピアノ連弾、『涙の谷を過ぎるときも』(長沢崇史作)など兄弟姉妹らによる特別の出し物がつくば教会で主に捧げられました。

■12月18日(日)「クリスマス洗礼式」・12月23日(金)「クリスマスパーティー・キャンドルサービス礼拝)(NEW!!)■

クリスマス洗礼式を執り行いました。洗礼は新しい人生のスタートです。受洗する兄弟姉妹たちに主のたえまない祝福がいつまでも注がれますようにお祈りお願い致します。また23日にはクリスマスディナー&パーティーイベントがありました。ホームパーティーでも人気の、大人数向けの持ち寄りメニューが用意されました。ほとんどが手作りです!前菜のフライドチキン、中国料理の麻婆豆腐・青椒肉絲、韓国料理のプルコギ、子どもたちに喜ばれるお寿司にシチュー、おしゃれなチーズ焼きそば、定番の春巻き、またベジタリアン向けの簡単ヘルシーサラダ、ピラミッドやスフィンクスで有名なエジプト料理のベセッラ、クリームチーズとジャムとクラッカーで作るひとくちカナッペ。もちろんデザートもあります。姉妹の手作りの絶品ケーキやお菓子・スイーツまで。そして待望の『プレゼント交換会』では大人も子供も楽しめる、いわゆる"ガラガラ”無しのビンゴゲームを行いました。司会の兄弟たちが原稿に工夫をほどこし、盛り上がる渡し方はどうすればいいのかと台本を用意して進行しました。食後はろうそくに点火をしキャンドルサービス礼拝を行いました。天の宴会のようにつくば教会に喜びにあふれました。

■12月11日(日)「中山栄嗣クリスマスゴスペルコンサート」(NEW!!)■

福岡を中心に活動しているゴスペルクワイヤーNEWWINGS(ニュー・ウイングス)のディレクター中山栄嗣さんをお招きし、クリスマスコンサートの時間を持ちました。博多駅近くで『みんなで歌おう!100人ゴスペル!〜明日への希望〜』イベントを控えつつ、大急ぎで福島のほうから駆けつけてくださいました。曲はおなじみのPraise Station・中山有太師作曲の「新しい命」や、賛美ミニストリー「open gate」の賛美、「谷川の流れを慕う鹿のように」(as the deer)などを披露してくださいました。またつくば教会へのプレゼントとして、2017年1月11日リリースの2ndアルバム「New Creation(!)」も持ってきていただきました。クリスマスの生誕の時期につくば教会に賛美が満ちあふれました。動画は動画ページにあります。なおCDは公式ページでも取り寄せることが出来ますのでご参考ください「ニュー・ウイングス公式ページ」「福岡市 教会

retrocutie%e4%b8%80%e7%95%aa%e4%b8%8bjpg

■11月03日(木)「紅葉ピクニック(那須塩原)」・11月20日(日)「収穫感謝祭・サンクスギビングデイ」(NEW!!)■

日帰りピクニックイベントをしました。紅葉前線が南下をしはじめ、ちょうど見頃を迎えていました。このシーズンの那須塩原、日光や鬼怒川周りってほんときれいですね。紅葉ゴンドラにものりつつ、帰りにはみかえりの郷『彩花の湯(さいかのゆ)』の温泉にも入浴していきました。紅葉狩りの名所「日塩もみじライン」「ハンターマウンテン塩原」様、ありがとうございました。

また11月20日には収穫感謝祭(サンクスギビング・デイ)がありました。サンクス・ギビングデイは神様に1年の感謝をしお祝いする日です。つくばで収穫の秋を迎えたこの時期に、教会自慢の兄弟姉妹たちによる楽しい賛美歌・ダンスメドレー、また手作りのおいしく調理された食事を用意しました。イスラエルよりショファール(本物の羊の角でつくられた角笛)を手に入れ、1997年リリースのDays of Elijah(エリヤの日)(by Robin Mark)のメロディーで華やかな衣装を来つつみんなでお祝いをしました。またヘルシーでさっぱりした味のターキー(七面鳥)の丸焼きを食べました。ソースをべとりと付け味わいました。今度は詰め物系のスタッフィングもやってみたいですね。今年も1年さまざまな神様の恵みがあり一人ひとりが思い起こしました。

■10月10日(月)「愛の運動会」(NEW!!)■

体育の日は、毎年恒例の愛の運動会がありました。最初に行われた競技は『新聞紙タワー』でした。グループで協力しながらチームワーク(教会としての)とは何なのかを学びました。『家族リレー』ではリオ五輪の日本陸上選手のようにテイクオーバーゾーンにおける丁寧なバトンパスが目を引きつつ、リレーだけにみんなのリレーションシップ(結びつき)が深まりました。お次は『卓球』です。中国出身のいわゆるカットマンな兄弟姉妹たちにペンホルダーとシェークの違いを教えてもらいつつ、横回転サーブ、ツッツキ、チキータ、スマッシュなどの雨あられ!。横で見ていた『バトミントン』チームは負けじと、コート上で華麗なフットワークを見せ、ペアになって女子ダブルスや男子シングルス(あるいはミックス)となり戦いました。フォームや打ち方のコツを模索したり、ルールをしっかり守ってサーブやレシーブをしました。グリップの握り方や巻き方が分からなくても、専門のウェアやユニフォームなんてなくても教会では主の中で愛のある戦いを尽くします。『バスケットボール』でもみんなのハンドリングの上手さが際立ち、レイアップシュートやリバウンドなどのスーパープレイも光りました。最後は『ドッジボール』『全体リレー』。優しさや気配りが垣間見える感動のフィナーレがありました。本日も神様の中で楽しい祝日のイベントとなり感謝致します。

■9月25日(日)特別集会「世界宣教主日」・10月2日(日)「新家族歓迎礼拝」(NEW!!)■

日本から14000km離れた南アフリカの教会『Joyful church』で牧会する宣教師先生をお招きし世界宣教主日と題し、メッセージをしていただきました。遠く離れた同じ空の下、イエス様を大切に思う人々を神様が結びつけてくれた思いでした。出会わせて下さった神様に感謝します。また先月に引き続き、10月2日は新しくつくば市に転居してこられた方々とともに「歓迎礼拝」の時間を持ちました。ダンスチームのJoyfulは、2001年リリースの「ALL ABOUT YOU」(イスラエルホートン AND CINDY CRUSE RATCLIFFE)の賛美とともにワーシップダンスを捧げました。また9月に引き続き「ソーラン節」(ワーシップバージョン)、また当教会自慢の中国人兄弟姉妹(!)による中国語の賛美「陪我走過春夏秋冬」が主に捧げられました。ランチはおいしい韓国料理のチャプチェでした。新しい生活の始まりに遊ぶことも勉強もすべて、神様の希望と祝福が臨みますようにお祈り致します

■9月18日~19日(月) 秋のリトリート 「one thing one heart camp」(NEW!!)■

茨城県石岡市の北側に位置する由緒ある超教派の祈祷院『栄光国際祈祷院』様にてひととき場をお借りし修養の時を持ちました。会堂は、吹き抜けの広々とした開放感がある部屋で、三角の形をした勾配天井の中央を切り裂いているトップライト(天窓)からは柔らかな自然光が差し込んでいて、その周りを一列に埋め込まれたダウンライトが補助照明としての役割を果たしていました。床に敷かれた置き畳は和と洋の意匠がうまく組み合わさっているように感じられ、また正面の青色を基調としたスタンドグラスの中で飛び上がる白い鳩の図案は、三位一体の聖霊様をはっきりと示していました。木の香りと温もりが感じられる重厚感のある講壇の厳粛さも印象的でした。礼拝・賛美・祈りで満ちあふれ、一同がはげしく聖霊に満たされる時間となりました。館長の長老様の暖かいお仕えもあり感謝致します。身も心もリラックスする時間でもありました。(茨城県また周辺エリアに住んでいる方はぜひ一度訪れてみることをおすすめ致します!)。帰りには「やさと温泉ゆりの郷」で温泉にもつかってきました。良い時間を与えて下さった神様に感謝を致します。


■9月11日ジャパンフェスティバル&9月16日金曜特別集会(NEW!!)■

新生活応援、強化月間!が始まりました。種類豊富な日本文化を楽しみました。保育園、幼稚園、小学生の運動会でおなじみ!金八先生で有名になったソーラン節(南中ソーラン)の曲で振り付けをしワーシップダンスを主に捧げました(衣装はカッコイイはっぴ)。また、書道の段位持ちの姉妹が、手入れされた筆と墨で半切(はんせつ)のサイズの半紙に楷書体の字体で書道パフォーマンスをしました。なおランチはお好み焼きパーティーです!。ソースをたっぷり、基本の具材を抑えつつ小麦粉で定番の焼き方をしつつ、副菜・付け合わせとして焼きそばも用意しました。また夏祭りの屋台のヨーヨー釣りセットの代用のようなものを準備しました。こより、釣り針、ゴムを合わせて手作りして、プールをポンプで膨らませました。なお留学生が作った顔はめパネルや、手作りのオリジナル提灯(「祭」と名入れもしました)も楽しみました。また金曜日にはアメリカよりユヨンギ牧師先生が訪れ特別集会を持ちました。主の癒やしの奇跡についてメッセージをしていただき、つくば教会の祈り会においては、主への信仰告白、豊かな応答が溢れました。いつも恵みを与えてくださる神様にすべての栄光を帰します。

■8月21日 夏の野外礼拝(NEW!!)■

1年に1回、毎年恒例の夏の野外礼拝をしました。姉妹達はレトロな古典柄をメインに、パステル系の水色、シックな紺色や薄紫の浴衣で色鮮やかに(上品な牡丹や芍薬、なでしこっぽい花柄模様が良いですよね)、ワンタッチの作り帯で簡単に着付けをして, ヘアアレンジもしつつリボンで髪型を整え、特に姉妹はロングよりショート、セミロング、ミディアムの髪型が多いのでそれに合わせてメイクや髪飾りも整えてみました(ちなみに浴衣は左前ではなく右前がマナーです)。 トンボ玉(帯締めに通して使う帯留め)をアクセントにしたかったのですがすっかり忘れていました。兄弟は後ろ姿やうなじがかっこよくて男ウケするメンズ用の粋な甚平と下駄・ビーサンの服装もしました。レジャーシートの上で主を賛美し、クリスチャン風盆踊りやスイカ割り(棒は木刀で)、花火、バドミントン、キャッチボール、バレーボールなどを楽しみました。帰路につき、事前に学んだ浴衣のたたみ方を思い出しながら手入れをして家で洗濯、もしくはクリーニングに出しました。主が造りだした景色の中で良き交わりの時間&イベントを持てたことに感謝です。

■8月09日~ 夏のバイブルキャンプKOSTA2016(NEW!!)■

涼しい服装で暑さ対策をして虫対策グッズを持って、夏のバイブルキャンプに臨みました。日本語・韓国語合同キャンプ、中国語キャンプ、英語キャンプがありました。国内宣教師の長澤崇史先生、ニューウィングス(NEW WINGS)の中山栄嗣(えいじ)先生など、日本からの講師先生、韓国からの講師先生、中国からの講師先生など国際色豊かに、聖書について学びました。とても恵みあふれる3泊4日でした。

■8月05日 ウルサンテワ教会・青年部の来会(NEW!!)■

韓国から夏休みを利用してクリスチャンの青年たちが来会し、交流と友好を深めました。またともに金曜の平日祈り会で、テコンドーと聖書劇(聖劇・芝居)を披露してくださいました。良い時間となりました。感謝いたします。

■7月23日/31日 夏のバイブルキャンプのテントメイキング(NEW!!)■

張り方やたたみ方が簡単なワンタッチの1人用のテントや自作タープではなく、テント倉庫のような丈夫さがあって、生地もしっかりとしたインナーマット・グランドシートと似たようなものを導入しつつ、金属のポールをもって組み立てました。主が創りだした景色の中、花も草も山もみなこぞって主を賛美しているようでした☆。

■7月31日 夏の洗礼式(NEW!!)■

兄弟1人、姉妹2人の洗礼式&聖餐式がありました。暖かく兄弟姉妹に囲まれて受洗をしました。お互いに助け励ましあい、自らの昂ぶりを捨て、主の望むように生きることができますように。絶え間ない熱い主の祝福が臨みますように。

■7月18日 海の日(NEW!!)■

海の日ははまぐり祭りで有名な「大竹海岸鉾田(ほこた)海水浴場」で遊んできました。「水風船キャッチ」や「並んで別れて座りましょ」や「黄金の砂リレー」をしました。バーベキューの食材(持ち寄りの野菜・肉)の準備をして、炭や火起こし不要のガスコンロの上で盛大に焼いてお昼に食べました。キャッチボールやサッカーもしながら、今年はボディボードもしました。足につける足ひれ(フィン)、ワックスでのお手入れやリーシュコードの装着はしていません。ケースすらありません。けど大人であってもキッズのようにドルフィンスルーや花型のテクニックである『スピン』の練習をしつつ乗り方を模索しました。海水浴後は、温泉ソムリエも認める人気の効能抜群の日帰り温泉でゆっくり休みました。

■7月1日&10日 夏の特別集会(NEW!!)■

7月1日の金曜徹夜礼拝は特別に福島県から日本同盟基督教団の勿来(なこそ)キリスト福音教会(いわき市 教会←動画がありました。)から住吉牧師先生がお越しになられ、特別集会の時間を持ちました。7月10日の主日礼拝は韓国からイカンウ先生と同教会の長老さんと兄弟が来られ、教会について恵みのメッセージと証をしていただきました。

■5月29日 ダニーK春のゴスペルコンサート(NEW!!)■

韓国からプロのゴスペル歌手のダニーKシンガーから来てくださり、春のゴスペルコンサートを開催しました。 曲目は"愛の歌、証の時間、runrunrun、旅路と歌い、それに続いてmebigの賛美"花も"ではピアノの弾き語りの中、姉妹がシニヨン風のヘアアレンジで、チュチュ&レオタード風の衣装を来てバレエと賛美のコラボを披露しました。 また、ラスト曲は中山有太(プレイズステーション)の"新しい命"でした。詳しくは動画ページで。

■5月22日&28日 執事さんのお笑い慰問公演&ダニーK・路上ライブ&ボイストレーニング教室(NEW!!)■

22日は2部礼拝後にみんなを元気づける!お笑い慰問公演がありました。韓国の老人ホームや介護施設でも大人気の執事さんが聖徒の心に笑いで休息を与えてくださいました。また28日にはダニーKシンガーとともにつくばセンターでゴスペル路上ライブを行いました。耳を傾けてくれた方に感謝です。教会に帰った後には、自宅でもできる、本よりも詳しい効果的なボイストレーニング方法をご教授してくだしました。有名なリップロールのレッスンや喉を開く練習、また「初心者でもできる!プロになれる方法」、そして低音も高音も出せ、話し方や滑舌も良くなり、音痴でもビブラートができて、声量もアップしてしまう方法などを教えてくれました。聞いているだけで筋トレして腹筋が鍛えられたような感じになりました。

■2016年5月08日長沢崇史リバイバルコンサート(NEW!!)■

北海道は札幌市の教会、カナンプレイズチャーチからゴスペルシンガーで国内宣教師の長沢崇史先生が初めてつくば市に来ていただきました。その楽曲は英語、韓国語、中国語に翻訳され世界中の教会で歌われておりクリスチャンにはお馴染みです(グローイングアップも!)。今回の曲目は主に、2015年10月10日にリリースされた「真理」と2012年にリリースされた「道」から選曲し歌っていただきました(公式ホームページでCDが購入できます)。曲順は「いのちの光、子牛のように、喜びがわが心に、慕い求めます、主は良いお方、死を打ち破り、その日全世界が、子牛のように(アンコール曲)」でした。メッセージ、証の時間もあり、とても熱い恵みの時間となりました。詳しくは動画のページをご覧下さい。




■つくばキリストの愛教会の過去ログ